凛々子の質の良い独り言

凛々子のブログ

十分な栄養・筋破壊と回復プロセス・拮抗筋の柔軟性が重要です。

凛々子です、企業が中間財部門を海外に移転すれば、原材料部門は原材料を海外法人の中間財部門に輸出し、消費財部門は中間財を海外法人から輸入する。
これを示したのが表の最初の4列で、4列目が各部門の税引き前の利益だ。
法人税率が海外の方が安ければ、企業は海外に移転するインセンティブを持つ。
例えば海外の法人税率が10%なら、中間財生産を海外に移すことで企業全体の税引き後利益は×0.8+120万×0.9=348万ドルに増える。
つまり現在の米国の法人税 は多国籍企業に、法人税率の低い国に生産を移すインセンティブを与えているという意味でゆがみがあるといえる。
国境調整を導入すると、このゆがみを是正できる。
表の最後の列は国境調整の値を示す。
原材料部門はすべてを輸出するので国境調整はマイナス500万ドルに、消費財部門の仕入れは輸入なので国境調整は800万ドルになる。
この国境調整に税率20%をかけたものが国境調整額になる。
中間財生産の海外移転時の税引き後利益は×0.8―×0.2+120万×0.9=288万ドルで、国内にとどまる場合を下回る。
国境調整が多国籍企業の海外移転を防ぐという結論は、海外移転の魅力の根元に左右されない。
法人税率の低さを利用する海外移転も、賃金の安さを利用する海外移転も、国境調整があれば起 きない。
例えば中間財生産で、国内生産ならば180万ドル分の労働が必要だが、海外生産ならば労働投入が130万ドルで済む場合を考えよう。
ここでは簡単化のために、すべて中間財部門の利益を押し上げると仮定する。
中間財部門の利益は表の場合よりも50万ドル増えて170万ドルになる。
それはそうとして、「バーンマシン」について。
バーンマシン
逆に筋肉は肥大させたくなく、持久力を鍛えたい場合はセラピーバンドなどを使用して負荷の少ない活動を回数多く実施する事が重要です。
今回は筋肉の肥大させる器具として、筋肥大に必要な構成要素についても説明していきます。
筋肥大には条件があります。
まずは十分な栄養・筋破壊と回復プロセス・拮抗筋の柔軟性が重要です。
筋肉の活動は絶えず栄養をエネルギーに変えています。
その為、運動した後には熱を発します。
そのエネルギーを作る為に良質な蛋白質を取り入れる必要があります。